初心者によく見られる?レバレッジミスとFX 比較

日本で、FX取り引きが始まったのは、1998年からですが、FX 比較検討の上でも当時のレバレッジの倍率は高く、数100倍といったレバレッジも存在していました。当然の事ですが、レバレッジは少ない資金で大きな利益を得られますが逆もあります。損益はレバレッジに依存する為、大きな倍率のレバレッジは当然大きな損失を出しやすく問題となりました。そこで法改正により、現在日本のFX会社や証券会社は、レバレッジの最大倍率が25倍までと定められています。しかしながら、10万円の証拠金があれば、250万円のFX取り引きができますので、十分にハイリスク・ハイリターンは存在しています。

FX 比較で初心者が起こしやすいミスは、ずばりこのレバレッジのかけ過ぎが多く、ハイリターンを求めるがゆえにレバレッジをかけ過ぎ、大きな損失を出してしまうといったことがよくみられます。

FXには、ロストカットやマージンコール、といったシステムがありますので、あまりに倍率をかけ過ぎてしまうと、短期間でのマージンコールが起こりやすくなってしまいます。さらに、ロストカットが行われてしまうと、せっかくのポジションも、すべて自動的に決済されてしまいますので、初心者はまず3倍以下から始めるのが賢明です。